レイク審査

カーローン利用のための限度額と年収の関係について

最近では、カーローンの代わりに消費者金融や銀行カードローンを選ぶ方が増えていますが、限度額と年収の関係に注意する必要があります。
総量規制というのが2010年6月から始まっていますので、選んだカードローンによっては、希望する金額が借りれないこともあります。
カーローンの代わりとして使うなら、十分な限度額が必要になると思いますので、総量規制対象外カードローンを選ぶのがおすすめです。

 

総量規制対象外カードローンとは?

 

総量規制は、法律によって融資の上限額を決めたもので、年収の一定割合を超える融資を禁止するものです。
具体的には、貸金業者が融資をする際、利用者の融資の合計額が年収の3分の1を超えてはならない、というものです。
つまり、借りる側の立場で考えると、「年収の3分の1までしか借りられない。」というのが総量規制です。
規制の影響を受けるカードローンでは、カーローンの代わりとして利用できませんので、対象外の銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

年収のない専業主婦の利用について

 

総量規制対象外カードローンなら年収の3分の1超の融資も可能と説明しましたが、専業主婦の申込みについては、若干の注意が必要です。
すべての総量規制対象外が専業主婦に融資しているわけではありませんので、専業主婦が申し込める銀行カードローンを選ぶ必要があります。
また、専業主婦が利用できるカードローンでも、限度額に制限が設けられている場合があります。
30万円〜50万円までとする銀行が多くなりますので、必要に応じて、2社以上の銀行からの借入れも検討してみてください。

 

年収を証明する書類の提出について

 

源泉徴収票や所得証明書などの用意は、必ずしも簡単にできるものではありません。
年収を証明する書類の準備に時間がかかりそうなときは、証明書不要で申し込めるカードローンを選びます。
みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなら、証明書不要で高額な借入れが可能になります。

pint年収1/3以上の借入は新生銀行カードローン レイク!

shufu

新生銀行カードローン レイクは総量規制対象外なので、年収の1/3以上の借入があっても大丈夫です。
今日中にお金が必要といった場や忙しくてなかなか時間が取れない人でも対応が可能です!


賢く選べる無利息ローン!arrow新生銀行カードローン レイク審査申込ガイド