レイクとプロミスを徹底比較した結果をまとめました!

レイクとプロミスを徹底比較した結果をまとめました!

カードローンを選ぶときに、レイクALSAとプロミスで迷う方もいると思います。レイクALSAとプロミスの大きな共通点は、どちらにも「無利息サービス」が用意されていることです。
以前は、レイクは銀行が提供するサービスでしたが、2018年4月より消費者金融として新しくサービス開始となりました。

 

ここでは、レイクALSAとプロミスの違いについて、簡単にまとめてみたいと思います。

無利息期間の違いについて

レイクALSAとプロミスとの共通点に「無利息期間」があると説明しましたが、両者には若干の違いがあります。

 

まず、無利息期間の種類については、レイクALSAが

 

  • 30日間無利息
  • 5万円まで180日間無利息

 

の2種類あるのに対し、プロミスの場合は

 

  • 30日間無利息

 

だけ用意されています。

 

レイクALSAの場合は、少額のキャッシングのときに「5万円まで180日間無利息」が使えるのがポイントになります。

 

借入限度額の違いについて

レイクALSAもプロミスも最大借入限度額は500万円です。

 

ただし、レイクALSAは最大限度額が200万円と500万円の二種類になっています。
この違いは初めて借入をするときにどちらの無利息期間にするかで変わってきます。

 

また、借入限度額が200万円を超える場合は、自動的に無利息期間は30日間となります。

 

収入証明書類の提出要件の違いについて

以前、レイクが銀行サービスだったときは、総量規制の対象外だったので、「100万円までは収入証明不要」でした。
現在はレイクALSAもプロミスも貸金業法の規制によって、

 

  • 50万円超の融資を受けるとき
  • すべての融資残高が100万円超となるとき

 

に「収入証明書類」の提出を受けることが義務付けられています。